輸入食品の安全性を考えるシンポジウム【2/28】

   
輸入食品の安全性を考えるシンポジウムを開催します。(平成30年度食の安全安心リスクコミュニケーション)
日常の食生活において必要不可欠なものである反面、残留農薬や添加物等の違反事例が報告される等、その安全性が疑問視される事件も起きている「輸入食品」。本シンポジウムは、この輸入食品をテーマとして食品の安全を考え、理解を深めることを目的として開催するものです。
2 主催  岩手県
3 対象者 県民、食品事業者、福祉施設関係者、学校関係者、行政関係者等
4 開催日時及び会場
平成31年2月28日(木曜日) 13時30分から15時50分まで エスポワールいわて 2階 大中ホール
【環境生活部 県民くらしの安全課 食の安全安心担当】