(終了)【水産流通適正化法】水産流通適正化法に係る説明会の開催(7/22オンライン)

   

終了しました

水産流通適正化法に係る説明会の開催及び参加者の募集について

詳しくはこちら https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kakou/220701.html

農林水産省
水産庁は、令和4年12月1日に施行される「特定水産動植物等の国内流通の適正化等に関する法律(令和2年法律第79号)」に基づく制度の内容について、特定第一種及び特定第二種水産動植物等を取扱う事業者等を対象に、広く周知する説明会を7月22日(金曜日)にオンラインにより開催します。

1.概要
「特定水産動植物等の国内流通の適正化等に関する法律」は、違法に採捕された水産動植物の流通を防止するため、特定の水産動植物等について、取扱事業者間における漁獲番号等の情報の伝達、取引の記録の作成・保存、輸出入に際し適法に採捕されたものである旨を証する書類の添付の義務付け等の措置を講ずるものです。
令和4年12月1日に施行される同法に基づく制度の内容について、特定第一種水産動植物(アワビ、ナマコ)や特定第二種水産動植物(イカ、サンマ、サバ、マイワシ)を取扱う事業者等に対し広く周知するため、説明会を開催いたします。
なお、本説明会では、法の適用が令和7年12月に予定されている特定第一種水産動植物のシラスウナギに関する説明はございません。

2.開催日時及び場所
開催日時:令和4年7月22日(金曜日)午前の部10時30分~12時00分、午後の部14時00分~15時30分
会場:オンライン(Webexによるウェブ会議システムを使用)
※説明の内容は午前・午後とも同じです。
※今後、令和4年12月の法施行まで、月一回程度の開催を予定しています。

特定水産動植物等の国内流通の適正化等に関する法律 はこちらから

【動画】水産流通適正化法:小売事業者、飲食店、宿泊事業者編

【特定第一種水産動植物の指定】
アワビ、ナマコ、シラスウナギ※(全長13㎝以下のウナギ)の計3魚種を指定(※シラスウナギについては、令和7年から適用)

【特定第一種水産動植物等(加工品)の指定】
特定第一種水産動植物を主な原材料として製造し、又は加工したもの。

●消費者に対し、販売、提供する場合【取引等記録の作成・保存】
1 記録する事項
特定第一種水産動植物等取扱事業者から譲受け等したときは、以下の事項を記録する必要があります。
(1)名称(アワビ、ナマコ)、(2)重量又は数量、(3)譲受け等した年月日、(4)譲受け元の氏名又は名称、(5)漁獲番号又は荷口番号(輸入又は養殖物の場合は、その旨を記録)
2 取引等記録の作成方法
(1)書面又は電磁的記録
(2)事務所等ごと
(3)種類(アワビ、ナマコ)ごとに、取引期間等に応じて、分類又は整理
3 記録の保存期間
譲受け等した日から3年間の保存が必要です。実際の取引において取り交わされ、税法上一定期間の保存の義務が課されている伝票類(請求書等)においても、記録すべき事項が全て記載(複数の伝票類の組合せでも可)されていれば、それを保存しておくことで、取引等の記録の作成・保存義務を果たすこととなります。

 

【水産庁】