エイジフレンドリーガイドライン:高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン

   

エイジフレンドリーガイドライン
高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン

高年齢労働者の安全衛生対策について(厚生労働省)

労働災害による休業4日以上の死傷者数のうち、60歳以上の労働者が占める割合は、近年増加傾向にあります。高齢者の就労が一層進むと予測される中、高齢者が安心して安全に働ける職場環境の実現が求められています。
令和2年3月に「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン(通称:エイジフレンドリーガイドライン)」が策定されたところです。
人生100年時代に向けた高年齢労働者の安全と健康に関する有識者会議の報告書を踏まえ、安全と健康確保のために事業者及び労働者が取り組むべき事項をとりまとめました。

【岩手労働局】