浴槽水等のレジオネラ属菌検査は義務です

   
浴槽水等のレジオネラ属菌検査は義務です!
自主検査でレジオネラ属菌が検出された場合について
高齢化社会の影響もあり、昨今レジオネラ症が急激に増加傾向にございます。
保健所長の許可を受けて営業されている営業者の皆様には、法令に定める
行為義務が課せられており、岩手県では、
・年に1回以上(連日使用循環型浴槽の場合は年2回以上)のレジオネラ属菌検査の実施
・自主検査でレジオネラ属菌が検出された場合には、ただちに管轄保健所に届け出る
といった点を義務付けております。(その他にも衛生措置の基準が課せられています。)
また、各保健所長からの通知依頼(または報告徴収)に基づき、
・年度当初に前年度の実施結果を報告する。という運用としております。
今般、自主検査でレジオネラ属菌が検出されたにもかかわらず、管轄保健所に連絡をせず、
自己完結(※)していた事例が発覚しました。
※保健所に報告をせず、自らの判断により自主清掃+再検査での陰性確認のみをもって営業を継続し続けた
ご存知のとおり、レジオネラ属菌が検出されたということは、残念ながら、これまで行ってきた
維持管理だけでは防除対策としては不十分であった、ということを示しています。
よって、感染拡大の防止・利用者の健康確保、そして施設の適切なリスク管理という観点からも、
一旦立ち止まって対応を整理する必要があります。
そのためにも、保健所(環境衛生監視員)によるチェック、指導・助言のもとに
必要な対応を行っていただくことが求められます。
今般、県公式HPに「営業者向けの注意喚起のページ」を掲載しましたので、
自主検査で検出となった場合には、誠実な対応をお願い申し上げます。
県では、入浴施設の管理基準を条例で定めています環境生活部 県民くらしの安全課 生活衛生担当】