HACCPに沿った衛生管理の制度化について

   

HACCPに沿った衛生管理の制度化について
平成30年6月13日に公布された食品衛生法等の一部を改正する法律では、原則として全ての食品関係事業者がHACCPに沿った衛生管理に取り組むことが盛り込まれいます。
(令和2年6月1日から施行され、施行日から起算して1年間の経過措置期間があります。令和3年6月からは、制度化に対応していただく必要があります。)
食品関係事業者の方は制度化に向けて準備を行いましょう

HACCPとは
HACCPは、安全で衛生的な食品を製造するための管理方法のひとつです。普段行っている衛生管理を「見える化」し、作業工程の中で「危険なところ」を見つけて管理します。
具体的には(1)衛生管理計画を作成し、(2)計画に基づき日々の衛生管理を実施し、(3)その結果を記録します。
厚生労働省:HACCPに関する情報はこちら
旅館・ホテルにおけるHACCPの考え方を取り入れた衛生管理手引書-PDF
【環境生活部 県民くらしの安全課】