もったいない・いわて☆食べきりキャンペーン

   

令和元年度「もったいない・いわて☆食べきりキャンペーン」
楽しく・おいしく・残さず食べよう
岩手県環境生活部 資源循環推進課 資源循環担当
「食品ロス」とは、まだ食べられるにもかかわらず廃棄されている食品のことです。日本における食品ロスの排出量は、年間約643万トン(H28年度実績)と試算されています。このうち、半数以上が飲食店などの事業所から排出された食品ロスです。岩手県では、平成28年度から宴会時における食べ残しを削減するため、主に「3010運動」の実践を呼びかける「もったいない・いわて☆食べきりキャンペーン」を実施しています。

3010(さんまるいちまる)運動』を実践しましょう
「3010(さんまるいちまる)運動」とは、長野県松本市が考案した宴会時の食品ロスを減らす取組です。
宴会開始後30分間は、自分の席を移動せずに出された料理を楽しみます。
宴会終了10分前になったら、再び自分の席にもどって料理を食べきるようにしましょう。
職場や地域等で開催される宴会の際に、この運動に取り組むことにより、食べ残し量の削減につながります。
「3010運動」で食べ残しゼロを目指しましょう!

全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会よりお知らせ 【農林水産省】
農林水産省では、消費者庁、環境省、全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会と連携して今年12月から来年1月末までの忘新年会シーズンに、外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンに取り組みます。 食品ロス削減の趣旨を御理解いただき、御協力をいただければ幸いです。
今年12月から来年1月末までの忘新年会シーズンに、外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンに御賛同いただき、食品ロス削減に向けた取組、
①啓発資材の掲示
②料理の量の調整
③3010 運動や食べきりに関するお客様への声かけ ※3010運動普及啓発については下記環境省HPをご参照ください
④持ち帰り用パックの提供
⑤その他
食品ロス削減に向けた取組を実施していただける企業様におかれましては、 企業名、取組内容等を別添の様式(別添1)に御記入のうえ、 令和元年11月22日(金)までにデータをご送付いただきますようお願いします。 ※11月22日(金)以降に御報告いただいた場合も、随時、公表させていただく予定です。